圧潰治療

面皰圧潰(めんぽうあっかい)について

 治療方法
面皰圧子と呼ばれる器械を用います。先の尖った方で、皮膚割線に沿って毛穴に出口を作り、反対側の丸い方で中身を押し出します。
この治療の最大の目的は、芯をとることにより、炎症や化膿する前の段階で治してしまうことです。
これにより、治ったあとの赤み、色素沈着、クレーターなどを予防することができます。

一個一個の毛穴から全て手作業で行います。このため、一日にごく限られた人数しかできませんので、治療は全て予約制となっております。

また、内容が観血的治療であることから感染事故防止のため下記血液検査を施行致します。
感染症のある方は圧潰を受けることは出来ませんので、あらかじめご了承お願い致します。
検査の内容はHIV、梅毒、B、C型肝炎です。

  • これを圧潰治療で取り除きます
  • 取り出した面皰の中身
 治療時間・料金
圧潰料金表(価格は全て税込)
10分 1,650円 40分 6,270円
15分 2,420円 45分 7,040円
20分 3,190円 50分 7,810円
25分 3,960円 55分 8,580円
30分 4,730円 60分 9,350円
35分 5,500円

表示は全て税込価格


血液検査実費(肝炎、HIVなど) 3,300円(税込)

*当日キャンセルは2,000円いただきます

腫れ上がったにきび、膿をもったにきびについて

白にきびを放置したままにしておくと、このように赤く腫れ上がったり、膿をもって痛いにきびになってしまいます。
この段階まで進んでしまったものは、クレーターの痕になって残ることがありますので、絶対にいじってはいけません。
まず、お薬でそっと腫れをひかせてから次の治療に移ります。

  • まず、お薬で腫れをひかせます
 治療例(治療前・治療後)
  • 治療前
  • 治療前後(2ヶ月後)